【ガチアサリ】カウンターばかり狙うのは絶対にやめて!!【スプラトゥーン2】

s-ガチアサリ カウンターしか狙わないのはやめてガチアサリ

はいどうも、こんにちは。
ゆーざきです。

今回は、ガチアサリで最もしてほしくない立ち回りを紹介します。
絶対にしてほしくないのに、一定数のプレイヤーが実際にやっている立ち回りです。

それは、防衛をせずにカウンターしか狙わないことです。
とくに「B帯A帯」でほんとうに多く見かけます。
偏見かもしれませんが、パブロでしぬほど多く見かけます。

どうしてダメかというと、以下のようなことが挙げられます。

  • ノックアウトされるおそれがある
  • 味方の負担が急増する
  • カウンターが成功しても、追加点が入らない

あなたはそのような立ち回りしておりますか?
それでは、ご覧ください。よろしくお願いします。

ノックアウトされるおそれがある

s-ノックアウトされる可能性がある

ガチアサリでしてほしくない行動として、「防衛をしない」立ち回りがあります。
文字通り一切しません。

うさっぎー
防衛しないって、攻められているときは何してるの?
ゆーざき
敵のゴール前に潜伏して、カウンターをねらってるんだよ !

防衛していない間は、敵ゴール前に潜伏して、カウンターを狙っているのです。
味方に防衛という仕事を完全に100%任せているのです。

これだと防衛している味方は、常に3vs4の状態です。
その状態で、味方が防衛失敗した時のことを考えてみましょう。

基本的にガチアサリのゴールは、自陣の手前あたりに位置しております。
そのため以下のような流れが生じます。

  • アサリ入れられているのを止めるために奮闘する
  • やられてしまう
  • 復活する
  • 最短でゴールまで向かう
  • やられてしまう(…以降ループ)

最短でゴールまで向かっているので、スペシャルがたまらないでしょう。
スペシャルがあれば、人数不利でもなんとかなるかもしれません。

しかしガチアサリの場合、結構な速さでカウントが進んでしまうので、あせって最短で行きがちです。
そうなると、スペシャルがたまらないです。
その状況で人数不利の戦場に向かうので、やられる確率が上がります。

その流れを繰り返した結果、ノックアウトされる可能性がでてくるのです。

ゆーざき
この流れって珍しくないよ!

味方の負担が急増する

s-味方の負担が急増する

カウンターばかり狙う立ち回りのダメな点として、単純に「味方の負担が急増する」点が考えられます。

先ほど説明した通り、防衛は常に3vs4という状況です。
誰かが回線落ちした時のことを考えてみてください。

回線落ちも3vs4の状況です。
防衛することはできますが、とっても苦労します。
当然のことです。

それを意図的にやらされているのです。
ひどい話ですよ。

カウンターをねらう立ち回りをして勝てる試合では、あっという間に勝つことができるでしょう。
ただそれは、味方依存しているだけの話。

そんな試合は、カウンターをねらわなくても勝つことができます。
味方が弱ければ、ノックアウト確実でしょう。

カウンターが成功しても追加点が入らない

次にカウンターばかり狙うことがダメな理由として、「カウンターが成功しても追加点が入らない」ことがあります。

それもそうです。たとえ話をしてみます。

3vs4の状況で、なんとか敵を倒すことに成功しました。
その直後に、防衛しない味方がゴールをきめます。

味方3人はアサリを集めながらゴールに向かう必要があります。
集めたころには、ゴールがしまっていることでしょう。

つまり追加点が入らないのです。

それに対して、敵はというと…
味方が防衛に失敗すると、敵は追加点を入れ放題です。

それだと、ゲームに負けてしまうのは当たり前。

ゆーざき
追加点がなければ、カウント差で負けることになります!

まとめ

以上が、「カウンターばかり狙う立ち回りがだめ」な理由でした。
再度まとめると以下のようになります。

  • ノックアウトされるおそれがある
  • 味方の負担が急増する
  • カウンターが成功しても、追加点が入らない

今回の記事は、ネガティブな言い回しを多用しました。
なぜそのようなことをしたかというと、サブ垢プレイ中に、「0キル15デス」というカウンターオンリーパブロマンがいたためです。

そのプレイヤーが何をしていたかというと、カウンターしか狙いません。
もしくは、突っ込んで死ぬだけです。

そんなのがいて勝てるはずがないです。

5分間のうち1.2回程度、戦略として組み込むくらいならいいでしょう。
しかし1試合通してこんな立ち回りをしていては、絶対にダメです。

ここまで、ご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました