【ガチホコ】長射程のホコカウントの進め方、立ち回り解説!【スプラトゥーン2】

s-長射程ですべき4つの立ち回りガチホコバトル

はいどうも、こんにちは。
ゆーざきです。

今回は、ガチホコバトルの立ち回り紹介・長射程編となります。
ここでいう長射程は、以下のようなブキです。

  • チャージャー系
  • スピナー系
  • ジェットスイーパーくらい射程の長いシューター…etc

これらのブキを主に使っている人は必見です。

ただ…
こうしろ!これが絶対に正解だ!ということは毛頭ありません。
飽くまで、参考程度にしていただければ幸いです。

それでは、よろしくお願いします。

長射程ですべき立ち回り

ジェットスイーパーカスタム2

それでは、ガチホコバトルで要求される長射程の立ち回りを紹介します。
以下のようなことが考えられます。

  • ホコ持ちを積極的にする
  • ホコを持たない場合、遠くから前線ブキの援護
  • ホコ持ちに敵を近づけさせない
  • 索敵をしっかりする

それでは、これらの内容について詳しく見ていこうと思います。

ホコ持ちをしよう!

まず1つ目に「ホコ持ちを積極的にしよう!」という内容です。
ガチホコバトルでは、ホコを進めないと絶対にゲームに勝つことができません。

そんなガチホコは、どちらかといえば長射程のブキです。
ブキ構成によって異なるところですが、基本的に長射程ブキがホコを持つことがベターでしょう。

ただ例外もあります。
それは、自身のスペシャルがたまっているときです。

その場合は、積極的にホコ持ちをしなくてもいいでしょう。

うさっぎー
どうしてスペシャルがたまっていると、ホコ持ちをしなくてもいいの?
ゆーざき
ホコを持っていると、スペシャルがつかえないからだよ !

ここでいうスペシャルは、「ハイパープレッサー」や「ナイスダマ」のことです。

「アメフラシ」「マルチミサイル」のような、自動的もしくは一瞬でおわるスペシャルの場合は、スペシャルをつかってからホコ持ちをすればいいだけです。

自分のもっているスペシャルをつかって、ホコカウントを進めることができる自信があるのなら、ほかの味方にホコを持ってもらう立ち回りに切り替えてもいいでしょう。

しかしながら、懸念点があります。
それはこの立ち回りは、冷静な判断が必要になるうえに、味方の適切な協力も必要になります。

型にはまれば強力ですが、そうでなければ無駄になりかねません…。
参考程度にとらえていただければ幸いです。

前線ブキの援護をしよう

ハイドラント

2つ目の長射程ブキの立ち回りとして「前線ブキのを援護しよう」という方法です。
これは、自身がホコを持っていない場合の立ち回りです。

ガチホコバトルでは、前線ブキが敵をせめてくれることが多いです。

それだと、前線ブキ次第でゲームが決まってしまいます。

前線ブキにすべてをゆだねるのではなくて、前線ブキのフォローをするような立ち回りが重要です。

ジェットスイーパーやスピナー系をつかっているのなら、アシストでもなんでもいいです。
前線ブキが楽になるように、交戦中の敵や横から狙ってくる敵をたおしてあげましょう。

ホコ持ちに敵を近づけさせない

バレルスピナー

3つ目に「ホコ持ちに敵を近づけさせない」ことです。

長射程を使っている場合、基本的にはホコとつかず離れずのような位置をキープします。

もちろん場合によっては、シューター並みに前線に出る場合もあります。
また、ホコよりめちゃくちゃ下がるべき場面もあります。

ゆーざき
こういうのは、ケースバイケースだね!

そんなガチホコバトルでは、ホコ持ちの人がめちゃくちゃ狙われます(ゲーム趣旨なので…)

敵は裏どりや潜伏などを駆使して、ホコ持ちを倒しにかかってくるでしょう。
裏どりされてもホコ持ちに近づけさせないように敵を攻撃するのです。

つまり前ばかりみるのではなく、全体的にくまなく視野を広げる必要があります。
裏どりをされても気づくことが重要です。

もし裏どりに気付かなかった場合、長射程持ちの自分だけでなく、ホコ持ちも一緒にやられる可能性があります。

しかし裏どりに気付いた場合は、ホコ持ちも敵の存在に気付いてくれるでしょう。
そうなると2vs1と有利な状況になるので、安心して戦うことができます。

ホコ持ちに敵を近づけさせないことが大切となります。

うさっぎー
視野を広げることが大事なんだね !

索敵を念入りに行おう!

バレルスピナーデコ

最後に「索敵を念入りに行う」ということが必要となります。

ここでいう索敵は戦場のど真ん中ではなく、敵陣有利な高台のことを意味します。
ガチホコバトルでは、潜伏をしてホコを止める立ち回りがとても強力です。

その潜伏をさせないために、遠くから潜伏しそうな場所に打ってみるのです。
敵をあぶりだすことで、ホコがやられるリスクが軽減することでしょう。

結果的に、多くのカウントをかせぐことにつながります。

まとめ

以上が、ガチホコバトルで長射程を使ったときの立ち回り紹介でした。

再度まとめると、以下のようになります。

  • ホコ持ちを積極的にする
  • ホコを持たない場合、遠くから前線ブキの援護
  • ホコ持ちに敵を近づけさせない
  • 索敵をしっかりする

念を押して言うのですが、これが正解というわけではありません。

敵味方のブキ構成によっては、ここに書いていない立ち回りをしなければいけないことが容易にあります。

知らなかったことやよかったとこがあれば、ぜひ取り入れていただければとおもいます。

ちなみに短射程の立ち回りについても、こちらの記事にしるしております。
合わせてごらんください。

【ガチホコ】短射程ブキのホコカウントの進め方、立ち回り解説!【スプラトゥーン2】
はいどうも、こんにちは。 ゆーざきです。 今回は、ガチホコバトルの立ち回り紹介・短射程編となります。 ここでいう短射程は、以下のようなブキです。 フデ系 ローラー系 スプラシューター並みの射程シューター・スロ...

ここまでご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました