【ガチホコ】試合が延長するときと終了するときの違いとは?+立ち回り紹介【スプラトゥーン2】

試合が延長するときと終了するときの違いとは?ガチホコバトル

ばいどうも、こんにちは。
ゆーざきです。

ガチマッチを楽しんでいるそこのあなた。
ガチホコバトルで、延長戦にはいるときの条件ってご存知でしょうか?

制限時間が終了しても、試合が終わらないことってよくありますよね。

どうして延長するのか、どうすれば延長しないのかの違いをよく知っておかないと、ウデマエを安定してあげていくことなんて不可能です。

ウデマエAやS、ましてやXするには必要となる知識なので、この記事を読んでぜひ覚えてください!
では、よろしくお願いいたします。

ガチホコバトルの延長条件

 

ガチホコバトルの試合延長条件をみていきましょう。

延長というのは、決してランダムで決まっていません。
一定の条件が成立した時に、延長試合になるのかどうかが判断されます。

延長する条件は、以下のようになります。

  • 5分経過した時点で、負けているチームがホコを持っている場合に延長戦となる。
  • 5分経過した時点で、ガチホコをどちらのチームも保持していない場合、その前に保持していたホコ持ちが倒されてから15秒以内だったら延長戦となる。
ゆーざき
これが、ガチホコバトルの延長条件だよ!
このことを意識するだけで、逆転勝利を狙えるかも…!

延長したガチホコバトルの終了条件

では続いて、ガチホコバトルの終了条件をみていきましょう。

  • ホコ持っている人を倒す、倒されると延長試合は終了
  • 誰もホコを持っていない状態で延長戦になった場合、突入から数秒間誰もホコを持たないと延長戦が終了。
  • 誰もホコを持っていない状態で延長戦になった場合、カウントをリードしているチームがホコを持てば延長戦の終了

この知識をしっかり頭に入れて戦えば、安定して勝利できるでしょう!

ゆーざき
敵に逆転なんてさせちゃだめ!

自チームが勝っている場合の立ち回り

延長条件については、理解いただけたかとおもいます。

では続いて、「自チームが勝っていて延長試合になったときの立ち回り」を紹介していこうとおもいます。

  • 誰もホコを持っていない状態で延長戦になったら、積極的にホコを取りに行こう!
  • 相手がホコを持った状態で延長戦なったら、リードされる前に相手のホコ持ちをたおそう!(リードしているカウントを目安に潜伏するといい)
  • 相手がホコを持った状態で延長戦なったら、スペシャル(ハイパープレッサーなど)つかってホコ持ちをたおそう!

相手がホコを持った状態で延長試合になった場合は、カウントを意識することがとても大事です。

リードしているカウントを越えない限り、自チームの勝利が確実です。
あせって単騎特攻せずに、リードしているカウントを目安に潜伏しましょう。

そのままホコ持ちを倒せば試合終了、勝利でゲームをおえます。

一番安定するのは、スペシャルをつかってホコをとめる立ち回りです。

ゆーざき
最後の最後にスペシャルをつかって止めるのが1番安全で確実だよ!

自チームが負けている場合の立ち回り

つづいて、「自チームが負けてる状態で延長試合になりそうなときの立ち回り」をみていきましょう。

  • 意地でもホコを確保しよう。(そうしないと、延長戦にすらならない)
  • カウントリードすれば逆転勝利するので、慎重にカウントを進めよう。

まず、延長戦に持ち込むことが大切です。
その次に、カウントをリードすれば勝利することができます。

しかし、「自チームが勝っているときの立ち回り」でも紹介しているように、敵が「これまで以上に潜伏」していたり、「スペシャルをつかってくる」ことが容易に想像がつきます。

なのでホコ持ちも、ほかのメンバーもあせって突っ込むのは禁物な行為です。

慎重かつ迅速に敵を処理する必要があります。

ゆーざき
敵を1度でもオールダウンさせることができれば、逆転勝利できるかも!

まとめ

以上が、ガチホコバトルの延長条件と終了条件、その時の立ち回り紹介でした。

ガチホコバトルで安定して勝つために、これらの知識は必要なものとなりますので、参考にしていただければ幸いです

ここまでご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました