予測がとても大事!ガチホコショットで敵を倒す3つのコツ【スプラトゥーン2】

ガチホコショットで敵をたおすコツ アイキャッチ1ガチホコバトル

はいどうも、こんにちは。
ゆーざきです。

今回は、ガチホコバトルでとても大切なこと!
ガチホコショットで敵をたおすコツを紹介します。

先に結論からかくと、このようなことが重要な要素となってきます。

  • きれいな放物線をえがくので、高台や壁裏に潜伏している敵を倒そう
  • 敵のいく場所を予測すること!
  • 前線にいる味方のフォローをしよう

このことについて詳しく見ていこうと思います。
それでは、よろしくお願いいたします。

敵を倒すときは、フルチャージが基本!

ガチホコを持っている

まず大前提として知っておいてほしいのが、「ガチホコショットはとても極力なブキ」です。
ガチホコショットが強力だとおもう点は、以下の点が挙げられます。

  • 射程がそこそこある
  • 爆風範囲がひろい
  • 攻撃力が高い
  • 塗りが強い

しかし、この強力さはフルチャージの時のみです。

C帯に潜っていた時に出会ったのですが、ホコを「パシュパシュ打ちしている可愛いイカちゃん」がいました。

ゆーざき
とても和みましたが、それでは試合に勝てない… 

一方、ガチホコを持つことで出てくるデメリットもあるので、まとめてみました。

  • 人・イカどちらでも動きがおそくなる
  • 居場所が常に敵にばれる
  • メインやサブ・スペシャルウェポンをつかえない

「敵はガチホコを持っている人を大多数で狙ってくる」ので、デスにつながります。
ガチホコは強いけど持ちたくない理由としては、このことが直結すると考えられます。

うさっぎー
ガチホコって強いんだね…。知らなかった!

高台や壁裏に潜伏している敵を推測しよう

敵が潜伏していると予測しよう

ガチホコショットは、とてもきれいな放物線をえがきます。
そのため、高台や壁後ろに潜んでいる敵に攻撃をしやすいです。

ステージによって様々ですが、敵が潜伏する場所はある程度限られています。
ウデマエが上がれば、上手に潜伏しホコを倒しに来ることでしょう。

その行動を予測し、潜んでいるとおもわれる箇所にガチホコショットをうってみます。
そうするとあら不思議、敵を倒せているではありませんか!!!!

倒すことができなくても、ガチホコショットは爆風範囲が広いので索敵するのにも有効につかうことができます。

ウデマエXになっても通用する攻撃方法なので、とても重要な立ち回りといえるでしょう。

  • なにもなければ、そのまま進みカウントを稼ぐ。
  • 敵がいれば、そのまま敵を倒すように心がける。

敵がいそうなところに打ってみるということが大事です。
そうすることで無駄なデスが減り、カウントを多く稼げるようになります。

ゆーざき
敵がいると思うことが大事だよ!
うさっぎー
下手に突っ込んでも、やられるだけだもんね!
ゆーざき
でも敵がいないと確信しているなら、はやく突っ込んでカウントを稼ごうね!

前線ブキの敵が突っ込んくるときの対処法

ガチホコショットは、弾速がとても遅いです。
また弾速だけでなく、チャージするのにも時間がかかります。

なのでガチホコショットは、1回の攻撃に少々時間が必要となります。
つまり、「ホコ持ちは隙だらけ」といえます。

ガチホコショットの合間に、ローラーやボールドマーカーなど短射程のブキが、特攻してくることも少なくありません。

短射程ブキの敵が突っ込んでくるときの対処法を2つ紹介します。

敵の射程外時の対処法

敵が射程外時の対処法を紹介します。
「敵が来る方向を予測すること」が重要となります。

敵にそのまま打つのではなくて、敵が来るだろうとおもう道にガチホコショットを打つのです。

うさっぎー
どうして敵に向かってうたないの?!
ゆーざき
ガチホコショットは弾速がおそいから、着弾した時には、そこに敵がいないんだよ!

敵に向かって撃たない理由は、着弾したとき、そこに敵がいないからです。

ガチホコショットは、ふわっと放物線をえがいたような弾道です。
敵にむかって撃っても、そのまま直進してくる敵はトンネルをくぐるかのごとく無害なのです。

しかし、敵が来るだろうとおもう道にガチホコショットを置いてみてください。
不思議と敵を倒せるのです。

「相手の少し前にガチホコショットを打つ意識」がとても重要です。
これがガチホコショットで敵を倒すコツといえるでしょう。

敵が向かってくるだろうと思う場所に、ガチホコショットを打っておくと爆風などでたおすことができます。

突っ込んでくることを予測していると、やられる前に倒すことができるのです。

ゆーざき
敵に打ちたくなるけど、地面に打ってみよう!敵を倒せなくても、やられる機会はグッと減るよ 

すでに射程圏内でやられそうなときの対処法

s-射程圏内時の対処法

つづいて、敵の射程圏内でやられそうなときの対処法をみていきましょう。
このような状況だと、残念ながら多くの場合やられてしまうでしょう。

しかしただやられるだけでなく、最悪「相打ちにもっていくこと」を意識してみましょう。
相打ちにする有効な手段としては、「足元にガチホコショットを打つだけ」です。

ボールドマーカーやローラーなどの射程だと、概ね逃げることが困難です。

ゆーざき
ホコ持ちを上手にするためには、予測するという行動がとても大事だよ !

前線で戦ってくれている味方のフォローをしよう

s-前線で戦っている味方のフォローをしよう

ガチホコバトルにおいて勝つためには、前線ブキがホコのためにルート上の敵を倒すことが必要となります。

なので多くの場合、「ガチホコ所持者は後衛・シューター勢は前衛」という隊形になっていることがおおくあります。

そのため、前衛シューター勢は結構忙しいです。

前線で戦っている味方をフォローするような気持ちで、敵にむかってホコショットを打っているだけで、敵を倒せていることがおおいです!

また前線の攻撃が届きにくい場所に、1回だけガチホコショットをうってみましょう。
もしそこに敵がいると確信しているのなら、2回,3回と何度も攻撃するのも有効な手段となります。

敵からすると、ホコにやられたくないから有利なポジションから退くことが考えられます。

ここで注意したいのが、あせって敵がたくさんいる中にホコ持ちが突っ込まないことです。
敵の射程外から、ホコショットを打ち込んでやりましょう!

ゆーざき
有利な状況でも敵にやられてちゃ元の子もないからね!

まとめ

以上が、ガチホコショットで敵をキルするコツでした。
再度まとめると、以下のようになります。

  • 高台や壁裏に潜伏している敵を倒そう
  • 敵のいく場所を予測すること!
  • 前線にいる味方のフォローをしよう

これらのことを意識するだけで、ホコ持ちがたのしくなるでしょう!
ここまでご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました