【ガチエリア】優勢な時にすべき立ち回り・短射程編【スプラトゥーン2】

s-ガチエリア 優勢な時にすべき立ち回り短射程ブキ編ガチエリア

はいどうも、こんにちは。
ゆーざきです。

今回は、優勢時のガチエリアの立ち回り紹介・短射程編となります。
ここでいう短射程は、以下のようなブキです。

  • フデ系
  • ローラー系
  • スプラシューター並みの射程シューター・スロッシャー…etc

これらのブキを主に使っている人は必見です。

ただ…
こうしろ!これが絶対に正解だ!ということは毛頭ありません。
飽くまで、参考程度にしていただければ幸いです。

それでは、よろしくお願いします。

攻めているときに短射程ですべき立ち回り

それでは、ガチエリアで要求される攻めているときに有効な短射程の立ち回りを紹介します。
以下のようなことが考えられます。

  • 前線を上げよう!
  • エリア周りの敵を無視しない
  • エリア周りの塗りをさぼらない
  • 敵の裏どりを常に警戒する

それでは、これらの内容について詳しく見ていこうと思います。

前線を上げよう!

スパッタリークリア (2)

まず1つ目に、前線を上げるように立ち回ってみましょう。

短射程をつかった優勢時にすべき立ち回りというのは、エリアより前に位置することです。
そうしないと、エリアのカウントをかせぐことができないからです。

ガチエリアは、基本的に両チームの中央にエリアに位置しております。
敵陣に攻めていなかった場合、敵はエリアを塗ることができてしまいます
そしてエリアを塗られた結果、敵はスペシャルを溜めることができるでしょう。
そのスペシャルを一気に使われることで、エリアを奪い返されてしまうことがよくあります。

なぜエリアをうばれるかというと、スペシャルを使われると死なないようにしなければいけないので、 自陣に下がっていくしかない状況となるためです。
なので、結果的に打開されるといったことになってしまいます。

そのためエリアを確保している時は、基本的に敵陣を攻めるように立ち回るとガチエリアの勝率は安定してきます。
ただむやみに敵陣を攻めるのではなくて、潜伏を取り入れるとより簡単にエリアで勝つことができるでしょう。

敵陣で潜伏をすると、不注意な敵であれば、そのまま高台から降りてきてくれます。
そういった敵を倒すことができれば、エリアを維持し続けることが容易となります。
エリアを維持し続けることができれば、カウントを多く稼ぐことができます。
自ずとゲームに勝つことができるでしょう。

もちろんこういった立ち回りは、短射程限定のものとなります。

ゆーざき
B帯A帯は、潜伏していないことが多いよ !

エリア周りの敵を無視しない

つづいて、短射程をつかった優勢時にすべき立ち回りとして、エリア周りの敵を無視しないことです。

先ほど、敵陣での潜伏をするのは効果的だといいました。
しかし「潜伏する」という立ち回りにおいて注意点があります!!!!!
それは「エリア周りにいる敵を放っておかないこと」です。

「敵いっぱい倒してるのに、なんでエリア取られんねん!!!!」
っておもう人いませんか?

それは「エリア周りに敵がいる」ことをあらわしています。
「エリア周りに敵がいるのに、前に行き過ぎても意味がない」ということです。
たくさんキルをとっても、無意味かつ無価値なキルとなります。

いくらリスキルをしていても、エリア周りに敵が1人2人いれば意味がありません。
無意味な特攻をしているのです。
定期的に「エリア周りに敵がいるかどうかチェックする」必要があります。

リザルトをみて、キルレめっちゃいいのにまけた!!!味方のせいだ!!
という人もいますが、それは甚だ間違いです。

無意味な立ち回りをしている時点で、キルレがよくても戦犯といわれても仕方ありません。
そんな、立ち回りを見直すべきなのです。

例えばリスキルをするなら、誰1人通さない気持ちが大切です。
そこまでしてやっと、意味のあるキルにつながります。

ゆーざき
ルールに関する立ち回りをしようね!

エリア周りの塗りをさぼらない

ヒッセン・ヒュー1

3つ目に、短射程の立ち回りとして「エリア周りの塗りをサボらない」ことです。

ガチエリアは、前線を上げればいいだけではありません。
エリアの中もしくは、エリア周りの塗りにも貢献しないといけません。

前に出るべきなのか、エリア周りの塗りを維持し続けるべきなのか状況判断が重要となります。
ブキ編成や味方の立ち回り次第で、臨機応変に切り替えていくほかありません。

ゆーざき
全員が同じ動きをしないように気を付けよう !

敵の裏どりを常に警戒する

ボトルガイザーフォイル2

エリアの打開方法の1つとして、裏どりをしてくることが考えられます。
その裏取りを常に警戒すべきです。

自分がエリアを確保しているときは、敵の裏どりが怖いです。
万が一自分がやられてしまうと、他の味方も一気にやられかねません。

仮に裏どりの敵を倒せなくても、交戦している姿を他の味方が見てくれていると、フォローに入ってくれることもあります。

何も気づかずにやられることだけは避けたいですね。

もちろんただ黙って警戒しているのではなく、エリア周りをクリアリングしたり、潜伏して待ち伏せるようにするとさらに安定して勝つことができるでしょう!

まとめ

以上が、ガチエリアで短射程を持った優勢時の立ち回り紹介でした。

我ながら辛辣な文章を書いてしまいましたが、お許しください。
「B帯A帯」ではこのようなプレイヤーが一定数いたので、きつめの表現をしてしまいました。
再度まとめると、以下のようになります。

  • 前線を上げよう!
  • エリア周りの敵を無視しない
  • エリア周りの塗りをさぼらない
  • 敵の裏どりを常に警戒する

短射程ブキの場合、この4点を意識してみてはいかがでしょうか?

ちなみに長射程の立ち回りについても記事にしております。
合わせてごらんください。

【ガチエリア】優勢な時にすべき立ち回り・長射程編【スプラトゥーン2】
はいどうも、こんにちは。 ゆーざきです。 今回は、ガチエリアの立ち回り紹介・長射程編となります。 ここでいう長射程は、以下のようなブキです。 チャージャー系 スピナー系 ジェットスイーパーくらい射程の長いシュ...

ここまでご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました