個人的にガチエリアを苦手とする2つの理由【スプラトゥーン2】

スプラトゥーン2

はいどうも、こんにちは。
ゆーざきです。

スプラトゥーン2には、「ガチヤグラ」「ガチアサリ」「ガチホコバトル」「ガチエリア」の4つのガチマッチがあります。
ぼくはガチエリアを一番苦手としております。

ガチホコやガチヤグラだと、カウントを進めるためには相手陣地に攻めていかなければならないので、攻める方が不利となり、守る方が有利な試合ルールです。
一方、ガチエリアはエリア取った側のインクになるので、カウントを進めている方が有利になります。

負けているチームの打開がとても困難です。

そのため個人的には、ガチエリアを一番苦手なルールです。
その理由について、語っていこうと思います。

それでは、よろしくお願いいたします。

打開のためには、コンビネーションが必須だから

ガチエリアは、ガチマッチの中でも特にコンビネーションが必須となります。
有利な状況であればまだいいのですが、打開するときは特に必要です。

例えば、スペシャルを同時に使うとか、戦っている味方のフォローにはいることですね。
そういった動きができるようにならないと、ガチエリアで安定した打開が困難なものとなります。

一方、ヤグラやガチホコバトルであれば、一人でもオブジェクトを止めることができます。
例えば、ヤグラであればハイパープレッサー を使うことで上手な人なら3人4人倒すことができるでしょう。
ガチホコバトルでも、ハイパープレッサーを使えば大抵ホコを止めることができると思います。

自分の立ち回り次第で、一人でどうにかすることができますよね?

その点、ガチエリアっていうのは一人のスペシャルで完全にエリア状況を止めるっていうのが難しいんですよね。
上手くいってカウントストップ程度になってしまいます。

なので味方の立ち回りが悪いと、ゲーム自体もなかなか難しいものとなってくるのかなと思ってます。
しかし敵に立ち回りが悪い人がいれば、かなり楽になるのもまた事実なんですよね。

ガチエリアは敷居が低い

ホコならホコ進みのルートを知る必要がある。
ヤグラなら関門の場所を覚える必要がある。
しかし、エリアは中央のエリアを確保するだけ。

こんな風に他のルールと比べると、あまり覚えることの少ないゲームとなります
ナワバリバトルの延長線のような試合ルールのため、誰でもとっつきやすいものです。
なのでガチマッチをするにあたっても、敷居が低いゲームなんですよね

ゆえに立ち回りの良くないプレイヤーがよくいるのも、ガチエリアなのかなという印象を見受けます。

まとめ

以上が、ぼくがガチエリアを1番苦手とする理由でした。

コンビネーションが必須な試合ルールにも関わらず、変な動きをするプレイヤーとマッチングする率が異常に多い気がします。

S+やウデマエX底辺でも、マッチングするほどです。
また実際にウデマエXになったのは、ガチエリアが1番最後でした。
完全に苦手意識が芽生えているのでしょう…

ここまでご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました