【ゲーミングキーボード】廃盤となったG105の後継機に期待すること【ロジクール】

レビュー

はいどうも、こんにちは、
ゆーざきです。

僕は、ロジクールのゲーミングキーボードG105を愛用しております。
安価でありながら、マクロキーを搭載されており、使い勝手のいいキーボードです。

こちらの記事にレビューしておりますので、合わせてごらんください。

【ロジクール】大満足!ゲーミングキーボードG105コスパ最高!作業の効率化!【レビュー】
はいどうも、こんにちは。 ゆーざきです。 正直言わずと知れた商品となりますが、いまさらながらレビューいたします。 それがこの製品。ゲーミングキーボード「ロジクール G105」です。 【PUBG JAPAN...

そんなG105は廃盤であるため、Amazonでもかなり高額な商品となります。

定価である5,000円くらいであると考えれば、かなりコスパのいい商品ですが、12,000円ほどする現在から考えると別のゲーミングキーボードを探すべきでしょう。

そんなG105では後継機がでると、ぼくは期待を寄せております。

今回はそんな「G105」の後継機に期待することを勝手ながらまとめました。
それでは、よろしくお願いします。

マクロキーの継続搭載

G105 Gキーがあることを確認

賛否両論あるようですが、僕からするとマクロキーがめっちゃ便利です!
このマクロキーがとてもお気に入りのため、後継機にもそのまま搭載してほしいです。

もし後継機にマクロキーがなくなってしまえば、ロジクールでマクロキーがある製品が高価なものに限られてきます。

現在でしたら、「ロジクール最上位機種のG910」と「無線タイプのG610」です。
安価でGキーを体験したいという人のために、Gキーを残すべきと感じます。

パームレストをつける

G910にはパームレストがある

後継機といえば、改善すべきポイントを直すことですよね。
G105で改善すべきポイントをあげるとすれば、パームレストをつけることです。

パームレストとは上の画像のように、キーボードを操作する際、手首をおくことができる台のようなものです。

「とりあえずつければいいんだろ」というのではなく、パームレストの質にもこだわっていただければ嬉しいです。
人によってはパームレストが邪魔と感じる人もいるでしょうから、取り外し可能であればいいですね。

USBポートを付ける

ゲーミングキーボードには、キーボード本体にUSBポートが取り付けられていることが多く存在します。
このUSBポートがG105にはありませんので、後継機には是非つけていただきたいものです。

ただ、最上位機種G910にもUSBポートがないことを考えると、実現しないかもしれないですね。

USB逼迫してしまう人は、こういったUSBハブを別途購入すれば解決するので必須というわけではありません。

 

キーボードの質感をあげる

つぎに、キーボードの質感をあげることです
G105自体は、全体的にプラスチックのような安っぽい質感です。

ほかにも、せっかくキーの色が違う部分があるのですから、ほかのキーと違う手触りにした方がゲーマーからすると嬉しいポイントでしょう。

しかし「キーボードの質感をあげる」というのは、あえてとり挙げております。
質感にこだわりをだすということは、コスト面も相応のものとなってくるでしょう。

価格度外視でキーボードの質感を上げるくらいなら、安価であるほうを優先すべきです。

料金は据え置き

これまでたくさんのことを書いてきましたが、結局はこれです。
料金は据え置きということです。

できる限り安価なキーボードを希望ですね。
G105と価格は据え置きで、上記内容のいずれかを追加してくれればうれしいです。

変にキーボードの色カスタマイズできたり、「ARXコントロール」とかいう機能を付けないでいただきたい。
そんなものをつけるくらいなら、コスト削減に努めたほうがいいでしょう。

そういったロマンを求める商品は上位機種でやって、ゲーミングキーボード初心者のことを追求したモデルが出ることを期待します。

まとめ

以上がG105の後継機に期待する内容でした。
再度まとめると以下のようになります。

  • マクロキーの継続搭載
  • パームレストをつける
  • USBポートを付ける
  • キーボードの質感をあげる
  • 料金は据え置き

G105は現在でも、人気商品なので、そのまま後継機をだすのもいいですが、改善できるポイントを改善したほうがいいでしょう。
もちろん価格は据え置きで…!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました